ホーム > Kaoru Blog > 健康にいいこと > 夏の疲れが今頃・・。と感じる方
Kaoru Blog

夏の疲れが今頃・・。と感じる方

「なんだかだるくて…

胃腸の調子が今一つ…」

 

朝晩が過ごしやすくなるころに

このような病気ではないけど、ちょっとした不調が感じられるようです

他にも、たとえば

虫刺されがいつまでも治らなかったり、(これはひどいときは病院にいきましょう)

お化粧のりが今一つだったり、瞼が重い

歯茎が張れる、寝違えが治りにくい、家事の能率が悪い、判断力が鈍い

ささやかなことでイライラしてしまう、など。

小さな疲れを小さいうちにケアしないと、10月以降に
お肌のたるみや抜け毛、気持ちの落ち込み、風邪ひきなど
本格的な不調に繋がります(私の場合です)

 

この夏は30℃超えが当たり前のように続く猛暑でしたので、

よけいなお節介かもしれませんが

そんな時の過ごし方の参考となればなぁと思いまして、

ホリスティクな視点で少し書いてみました
 

ELL15110756_TP_V1.jpg

1、やはり睡眠! 遅くとも11時半前にはできるだけ寝るといいです
  たまには枕の高さを変えてみると意外とぐっすり眠れることもあります

2、お食事は消化の良いものを頂きましょう! 生の野菜や
ジャンルの違うたんぱく質を取るように努める
(肉ばかり、豆腐ばかりが毎日続くのではなく、
豚肉+大豆とか、卵+鶏肉、エビ+豆腐、
  「少しだけ脂質(良質の)が多めで塩分が控えめの和食」が理想的です
また、まだ暑さを感じる昼ごはんはのど越しの良いあまり租借しない料理
(卵豆腐や麺類など)が午後の体力を補います

 

3、アロマ(香り)を利用 オレンジなど柑橘系は元気で前向きな気分にしてくれます
 お掃除の時にアロマで拭き掃除するといい気分ででき、能率も上がります
 夜は眠りを誘うラベンダーなど焚いておくといいですね!

 

4、ストレスを「見える化」する
(イライラする・落ち込む時にその原因を小さなことから一つ一つ書いてみると
明確になり自分でストレスの対処法がひらめく)

 

5、音楽を朝から晩まで一日中流す(クラッシックやボサノバなど、ゆったりとした音楽などがおすすめ)

 

6、ゆったりヨガをする 
(ハードなヨガではなく、リラックスできるヨガを10分~30分程度で大丈夫)

7、うつぶせ寝でごろんと寝てみる。
肌触りの良いお気入りのタオルやクッションを抱きながら
苦しくない程度の時間でいいです、心も体も落ち着いてきます

 

8、誰かに触れてもらう、誰かに触れる(脳内によいホルモン「オキシトシン」が出てきます)

ご家族同士でマッサージしてみたり、小さなお子さんがいる方は触れ合う遊びはお互いに相乗効果。
エステや美容院・ネイル・アロマのサロンもいいですね。リラックス系のところ^^

そして深い安らぎを感じる「トリニティタッチヒーリング®」は言うに及ばず^^おすすめですよ!

9、時間がまとまって取れるようであれば
気の合う人と、緑や水の在るところ(自分が気持ちよく感じるところ)に気ままに出かける

 

皆様が気持ちよい秋を過ごされますように~☆

PPG_hakodenegaeriwoutuneko_TP_V1.jpg
 

 

 

 

 

PAGE TOP