ホーム > Kaoru Blog > お客様の声・感想 > トリニティアバンダンスの感想 > アバンダンスを受けて(お客様の感想)
Kaoru Blog

アバンダンスを受けて(お客様の感想)

 

トリニティアバンダンスのセッションをお受けくださったお客様のご感想を頂きました

共感される方もいらっしゃると思い、こちらにアップすることを許可していただきましたので

謹んでご紹介させていただきます・・

素直に言えない自分

1週間が経つ頃になり、感じたり思った事を その時に言えている自分に気づきました。


47556129.jpg


いつもは他人の目を気にし過ぎて、自分の気持ちを素直に表現できない、しない変な習慣がついていたのに、です!

『それを言ったら、相手にも受け入れてもらえないんじゃないか?』とか

『嫌われるんじゃないか?』と思っていた事は・・

 

思い違いでした。

 

 


ちゃんと受け入れてもらえ、伝える事は怖い事でも悪い事ではないという事も気付けました。



また 今まで、人間関係で嫌な事があり

苦手な人がいても

相手に対しての黒い気持ちを見ないように
感じないように目をそらしてきていて、自分を大切にできていなかった事にも気付けました。



当日の夜には、過去に苦手だった人達への極黒の心の叫びが雪崩のように溢れてきました。

目を瞑ったまま心の中で感じたままを叫びきったら、
心のしこりが小さくなった感じがしました。
その後から、心が軽くなり呼吸も深くできるようになり、
自分の鼓動音を自然と感じるようにもなりました。


心の中では善悪はなく、自分が感じた事を感じたまま感じ切って良いこと。

真っ黒な(陰の)自分が黒色の極みまで心の中で表現した分、

白い(陽の)自分も偽善でない心からの笑顔でいれるんだなと体感できました。

 


「ありのまま」は こういう事なんですね

真っ黒な自分も人間くさくて良いと思えるようになりました。


そう思えるようになってから、能面フェイスでいる時が前より減ってきた気もしています。

2週間で心の豊かさを少しずつ体感できています

半年先まで、どんな豊かさを感じる自分を見つけられるかも楽しみです

 


トリニティアバンダンスを受け
どんな感情の自分も認め、当たり前の日常も愛しく大切に感じられるようになってこれた事を幸せに思います。

 

「寄り添う」って愛でした

 


連日の先生のブログを読ませて頂いて、トリニティを学びたいと思っていた頃の気持ちも思い出す事ができました。

レベルが上がるにつれて、どうやったら かおる先生や他の先生方みたいに安定した お店にし
お客さんに認めてもらえるトリニティができるのか?という方向に無意識に気持ちが向いていて
自分のエゴでトリニティや寄り添う事が分からなくなっていました。

ただ いてくれるだけで嬉しくて
そばに居る事ができて触れるだけで愛しくて、一緒にいれる

時間がどれだけ奇跡で大切か。

その幸せな時間を、大好きっていう
気持ちを ただタッチで伝える事が
今の精一杯の自分なりの寄り添うという事だった…


寄り添うって 愛 でした(o^^o)


思い出せて、今 すごく嬉しくなりました

AME_3J0A0642_TP_V1.jpg

 

豊かさの循環

こちらのお客様(仮にM様)はいつも一生懸命で、まっすぐな瞳で見つめてくれるステキな女性です

言葉少ないところもありますが、だからこそ真剣な思いが伝わります

相手を思いやり過ぎて結局何もできなくなってしまったり、空回りしてしまったり

そんな自分を見つめ、受け入れ、「寄り添う」というポジションに身を置いたとき

見えてきたこと・感じた事を書いてくださったこと、一言一言が心にしみました

 

豊かさの循環は自分を偽っていたり、目を背けていてはめぐってきません

 

愛の豊かさを感じ始めたM様のこれから・・

謙虚さの大切さを知る彼女のこれから・・

 

 

僭越ですがとても楽しみでたまりません!

 

M様と出会えたこと、心より感謝申し上げます

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP