ホーム > Kaoru Blog > 2016年9月

2016年9月

トリニティタッチヒーリングを受けられたお客様・卒業生へ

トリニティタッチヒーリングセラピストさん(卒業生)について

 

スクールを卒業しセラピストに認定された方が、慣れるに従い

◆トリニティタッチヒーリングの真髄である「寄り添う」ことに対し 
 わかったつもりでそれ以上深めようと努力をしなくなり
 トリニティタッチヒーリングセラピストのセッションとは程遠い 
 中身の薄いヒーリングをお客様に提供する

 

◇たとえ無意識でも「セラピスト」という名乗ることで謙虚さがなくなり、
 クライアントさんに対して失礼な態度をとる(モラルハラスメント・パワハラ行為)

 

◆「トリニティタッチヒーリング」を名乗りつつ自己流のエネルギーワークにいつの間にか変わり
 お客様に対しコンプレックスや被害者意識を刺激して
 無意識に依存させるヒーリング・カウンセリングを行う

 

◇意図的でなくても社会的にモラルに反することを行う

 

などが見られた場合

セラピストの認定を取り消し 卒業生一覧から外すことがございます

 

トリニティタッチヒーリングセラピストにとって、スクールの卒業はあくまでもスタートです

「卒業したらセラピストはお客様に育ててもらっているようなもの
お客様が先生です」と卒業時各自に伝えております

 

しかしながら、もし

トリニティタッチヒーリングのセッションで、上記のような感じを受けた方はマザーヒーリングまでご相談ください。

どうかお願い申し上げます

 

自己顕示欲、傲慢さ、被害者意識というものは実は誰にでもあるもの

それらを言葉巧みに美化し正当化することは簡単なのです

セラピストが自らのそれらを真摯な気持ちで受け止められず、

自らを省みることができず飲み込まれてしまうと、到底トリニティタッチヒーリングは行うことはできません

 

スピリチュアル・ヒーリングブームの問題点

昨今のスピリチュアル・ヒーリングブームの影で こんな問題が起きているそうです

優しく甘い言葉で
誰もが持つ被害者意識やコンプレックスを刺激し依存させるヒーリング・リーディング チャネリングによって

「ただ癒されたかった・自分を知りたかった・変わりたかった・幸せになりたかった」

そんな生きている人間なら誰もが持つ思いだけだったところに付け込まれ

精神疾患に陥らせてしまうといった問題が増加…。

ありがちな多額なお金を取られるといった分かりやすい話ではありません

とても恐ろしいことです

 

上記のような問題あるヒーラーの自己顕示欲・支配欲を満たし、
相互依存関係になってしまうことなどあってはならないことです!

自己顕示欲=自慢、あるいは憐憫をさそう我慢話で人をうまく心理操作し我欲を満たす

自慢も我慢も同じ語源と聞いたことがあります

「私こんなに頑張ったの」「こんなことできちゃった」 こんな当たり前の言葉に潜む「慢心」

実は誰でもあります。

けれども「癒し」をおこなう以上、セラピストは人一倍いや二倍、気を付けていかなければなりません

 

マザーヒーリングも今一層気を引き締めて行っていく所存です

 

またお客様もどうか「何が自分にとって大切か」を今一度心に問いかけ、

ヒーラー(セラピスト)のどこに魅力を感じ何に引き付けられたかを

冷静に見つめたうえで選択をなさいますよう、心よりお願い申し上げます

 

 

 

 

 

 

 

グリーンリーフさんが出展します 9/18癒しフェア

今週末行われる

「心と身体の癒しフェア」第8回に

トリニティタッチヒーリングセラピストの田中愛さんが出展します!

2016年9月18日(日曜日)10時~16時

浜松市総合産業展示館1F大ホール 楽ブース です

 

関心のある方、たくさんの癒しを体験したい方はぜひお出かけくださいね

入場料100円

ホームページ: http://iyashitai.hamazo.tv/

 

msora.png

1
PAGE TOP