ホーム > Kaoru Blog > 2014年12月

2014年12月

ありがとうございました

いよいよ2014年も終わりに近づいてきました

今年一年、皆様のおかげで

こうして無事に年をこせますこと

心よりお礼申し上げます・・

 

今年はじめてマザーヒーリングを訪れてくださった方

久しぶりにお越しくださった方

毎月のようにお越し下さる方

メールやお電話くださったかた

HPやブログをご覧くださった方

また行きたいなぁ~と思って下さった方

大切なお友達にも教えて下さった方・・

その他も

たくさんのご縁を頂きました

本当にありがとうございました

 

 

ありがとうございました・・

 

 

 

皆様にとって2014年、どんな一年でしたでしょうか?

 

 

それぞれに

 

 

たくさんの思いがおありだと思います

いい思い出ばかりじゃないこともありますが

すべての思いも経験もすべて、いつかきっと「いい思い出」に変わります

 

変えていけるのが人間のもつ強さだと思います

 

 

そんな強さは

「ひとりではない」という思い。

絆、家族、仲間・・人と人との信頼から

生まれてくるものですね

 

みんなの支え合いで人は強くなり成長できる・・

 

当たり前ですがしみじみと年末になると感じます

 

 

本当に

ありがたいことです

 

 

 

話は少し変わりますが

先日実家のお墓参りにいきましたところ

姉と久しぶりにおしゃべりできました

 

お互い地域の「役」があった一年で

労をねぎらい合いましたところ

 

姉がこんなことを言いました

「厄」は「役」で消える

 

よく厄年といいますがそんな時こそ「役」をよろこんで引き受けることによって

「厄」がきれいに消化されて消えるのだと。

 

もう、これは「なるほど!」でした

 

今年は夫の厄年、

でもこうして無事に何事もなく過ぎていけるのも

「役」のお陰なのかもと思うと気持ちも楽になりますね

 

責任のある大変なお役目でしたが

自分の至らなさと共に感じましたのは

地域の人の温かさや、陰で支えていてくれる人の力

多くの優しさや思いやりでした

 

 

失敗したり戸惑ったりするたびに

人のありがたさをよりいっそう感じましたねぇ

 

 

 

マザーヒーリングでも

トリニティタッチヒーリングスクールのバージョンアップと共に

受講生さんが増え

またインストラクターさんも生まれ

とても充実した一年でした

 

ありがとうございます

 

 

スクールでは

理解させることよりもその方の良さをいかに引き出し

成長するヒントを伝えられるか

つねにキーワード

 

学ぶは「真似」から始まりますが

そこに止まらず

ありのままの(←これは今年のキーワード?)良さを認め

そこに自信を持つことができるようにと

今年はいつもいつもおもっていました

 

スクールを始めたばかりの頃は

「解ってもらおう」「伝えよう」の思いが強くて

どうしたら理解してもらえるのだろうと重く考え込んだものでしたが

そんな事を考えるよりも皆様の良さやキラッと光るものを感じ取るほうが

楽しく よりいいスクールになれると解り変わっていくことができました

 

生徒さんのの交流の中で

わたし自身も成長することができました

 

ありがとうございました 

 

 

 

明日明後日の2014年最後の日々が

皆様それぞれ

心豊かに過ごせますように・・

 

 

来年もまた全力で行きますので

相変わらずどうぞよろしくお願い申し上げます

 

 

 

たくさんの感謝を皆様に!!

 

 

 

どうぞよい年をお迎えください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

23日24日のマザーヒーリング

皆様に少しお知らせです

マザーヒーリングの屋根に太陽光発電のパネルが乗ります

 

この計画は夏からありましたが着手するまで時間がかかり

この12月にやっと始められることとなりました

 

工事は23日~26日です

 

23日、24日は通常営業いたしますが

足場を組むため、出入りにご不便をおかけします

 

24日の午前中はパネルの設置になりますので

騒音や振動などご迷惑をおかけすると思います

 

誠に申し訳ございませんm(__)m

 

 

何とぞご理解いただけますよう

お願い申し上げます

 

 

もうひとつお知らせ!

 

※ショップの新春福袋大変好評を頂いております

福袋は年内から随時ご予約受付中です(NO.1、4、8ご予約済みです)

詳しくはこちらをご覧くださいね☆

 

 

マリア~1.PNG

 

 

 

「泣いた赤鬼」に学ぶ~サロン開業で大切なこと②~

突然ですが

日本昔話「泣いた赤鬼」覚えていますか?

 

ざっとあらすじを書くとこんな感じ・・

****  +*++ ****

昔々あるところに

人間と友達になりたいと思っている赤鬼がおりました

この赤鬼はとても気持ちの優しい鬼でありました

形相に似合わず花をめで、鳥と歌い、

お菓子を作りお茶も美味しく入れるのが好きでした

美味しいお菓子を人間にも食べてもらいたくて

家の前を通る人に「美味しいお菓子がありますよ、食べていきませんか」と声を掛けますが

鬼を怖がるばかりで誰も近づきません

ある時友達の「青鬼」がやってきて

赤鬼の為にひと肌脱ぐことに

青鬼が町で大暴れをしてそれを赤鬼が退治する、そうすると人間は赤鬼の事を人間の味方だとわかりきっと友達になるだろう、という作戦を練ったのです。

もちろん赤鬼は反対します。自分の為に友達の青鬼を悪者にするなんて、たとえ演技とはいえ青鬼を退治するだなんて。

心優しい赤鬼はそんなこと絶対できないと言い張りましたが青鬼は決行します

案の定人間達は赤鬼をヒーローのように思い、慕うようになりました

そして数年が経ち・・赤鬼は青鬼を尋ねます

青鬼の「もう俺に近づくな」会えば人間は演技だと見破りお前を信じなくなるから。

のいいつけを破り・・。

青鬼の住む山は遠く離れています

何日もかけて青鬼を尋ねたところ、

そこは

・・・

もぬけのからでした

 

そして赤鬼に置き手紙が!

『赤鬼君、君の役に立ててうれしいよ、人間と仲良くやっているかい?

僕はもう生きている限り君とは会わない。それが真の友情さ』

みたいな事がかかれていました

 

青鬼の深い友情と優しさを知り

赤鬼はただ号泣し続けるのでした

**** +*+++ ****

 

うろ覚えで書きましたので原文と多少違うかもしれませんm(__)m

 

ここで青鬼の友情、思いやり、男の優しさみたいのがクローズアップされ

ちょっと感動するのが普通の解釈ですね

 

であえて今回は

 

スイーツメインの喫茶店を開業する赤鬼

という視点で見ていきます

なぜ成功したのか?

見た目が悪すぎる赤鬼

人間の敵であるの鬼

条件が悪すぎます

どんなに笑顔作ってみたところで「よけいに恐い」だけ

 

青鬼の作戦だけが成功の秘訣でしょうか?

 

青鬼に真の友情を抱かせ、勇気を起こさせた

赤鬼の人柄(いや・・鬼柄?)

まずそこではないですか?

青鬼に絶対的信頼感を抱かせた赤鬼のキャラクターは一朝一夕には出来ません

ただけなげな弱虫な赤鬼で青鬼の効果だけで開店できただけなら

何年も人間との交流を続けられません

やはり人柄(鬼柄)がでてきます

きっかけはどうあれ継続できたこと、リピーターにつなげたことは

赤鬼の

裏切らないまごころと真の優しさ思いやり

 

そしてもうひとつ

常に準備が整えておいたこと

いつお客様が来てもいいように

赤鬼は毎日

掃除して、花を飾り、湯を沸かし、お菓子を作っていましたね

たとえ断られると思ったとしても

 

この粘り強さ

断られても断られても断られても 朝になれば、花を飾り、湯を沸かしました

人間が好きで好きで絶対友達になりたかったから

ポジティブシンキングな努力

 

赤鬼は少し頑張ってダメだから他の事を始めた・・訳ではない

お菓子ではなく、歌を披露しようとか踊ろうとか、ね。たとえば。

お菓子作りを極めたという

やたらに手を広げるのではなく

得意な物を極め、工夫をし続ける勇気と発想力

 

 

最後に・・

お客様が大好き!という気持ちでい続けたから

大切に気持ち良くおもてなし出来たこと

(これは想像ですが)

笑顔の研究もしたかも知れないし

きっとあの恐ろしい爪も短く切ったでしょうね

どうすれば恐ろしく思われないか、優しい物腰も身に付けたでしょう

 

こんな地味だけど大切なことがあったからこそ

「幸運」を招き、「道」を切り開いたのではないのかな、と思います

きっかけは作ればいくらでも作れますが

大切なのは始めることより続けること

継続させることをきちんと考える

どう努力するのか方向を間違えない

のも大切でしょう

 

**** +*+++  ****

 

さて
受講中の皆様も卒業した皆様もお人柄にはもう間違いない方ばかり!
胸張って自信をもってください

だからもし開業に足踏みしてしまっているなら


トリニティタッチヒーリングスクールではレベル4に進むとこんなお話なども盛り込んでいきますので

もう一度真剣に考えたい方は再受講、おススメします

思い出す、気づくことで変わります

まずは ご連絡くださいね

 

この記事は「トリニティタッチセラピスト専用ブログに書かれたものですが

ちょっと皆様にもシェアしました

 

何かの参考になれば嬉しいです  では また

 

 

 

 

マリアへ・・懐かしさと愛を胸に

先月、大切な師が亡くなりました

「マリア・ルシア・セウエア」

エサレン研究所の先生です

 

彼女のワークショップでは 

たくさん泣きました

そして包まれました

そして

たくさんの事を教えてもらいました

 

誰かと共にいつもいるということ

宇宙と地球と共にいつもいること

余分なエネルギーを取り去ること

スピリットガイドを信じること、スピリットガイドと共にあること

真の豊かさと

その流れに乗ること

家族を思うこと

人を受け止めること

真の力強さ、人を信じること、信じて待つこと

誰も特別ではなくてそして誰もが特別な存在なのだということ

 

 

 

「マリアのスピリチュアルタッチヒーリング」のエッセンスは

トリニティタッチヒーリングの中にも息づいています

 

トリニティタッチを行なっていると

ふとマリアの存在を感じることが

このごろ頻繁に起きています

嬉しそうな感じ

ほほ笑んで観ていてくれる感じ

その時、大きな安心感に包まれ・・

 

 

 

でもセッションを終えて

しばらくすると

 

 

ああ、

 

彼女はもうこの世にいないんだと

胸がせつなくなってきます

 

マリアマリア!

偉大な師!!

 

 

 

亡くなられて7日・・

悲しみの大きさは

感謝の大きさ 感動の大きさといつも比例しているから

仕方ないけど

夕方になって 泣けるのはもうやめたいな

 

マリア・・

あなたのように強くなれますか?

 

 

 

マリアマリア!

偉大な母!!

大好きなおおきな瞳

いつも愛に満ちていた瞳

 

あなたともにこれからも いつづけていたい

 


誰かに触れる時もし愛や優しさを感じたら

それはまた次へ繋がる愛へと変わる

次々と、誰かから誰かへと触れることで

愛に気づいていく 愛の広がり

それがマリアの残してくれた

私の中の宝物

 

触れることから

繋がり広がり、ぬくもりと優しさが愛となっていく

 

そこにマリアの笑顔がまたあるのだと信じています

 

偉大な師マリア

出会って下さったこと 幸福に思います

 

 

 

 

感謝と愛を胸に 

 

Thank you

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1
PAGE TOP